ぼちぼち、不登校!

不登校5年目の私が経験したことをありのまま?!に書くブログ

発達障害の私。自分は「普通」だと思っていたのだけど・・・

 

ショックなことがありました。

 

私は、生まれつき発達障害を持っているらしいです。

 

でも、私は、自分のことを普通だと思っていました。

でも、他人は、私のことを普通ではないと言います。

 

 

何がどうして普通ではないのか、私にはわかりませんでした。

 

 

 

だから、

普通に学校に行って、普通に勉強して、

 

普通に就職をして、普通に働いて、

 

普通に生きて、普通に死んでいく

 

のだと思っていました。

 

    自分で描いたイラスト「立ち向かう」

 

 

「普通」の暮らしができないかも と思った

 

ある日、私はコンテストに応募しました。

それは、人生を変えるかもしれないくらい、とても大きな、コンテストでした。

 

最初の審査を通過し、次の審査も通過して私は順調にコンテストを駆け抜けて、

心の中で、「あぁ、もしかしたら優勝をするかも」だなんて

期待を持っていました。

 

そのコンテストは、自分の実現したい未来を実現するアイデアを実行しながら、

主に文章を書き、締め切りまでに文章を応募する、

いわゆるビジネスコンテストでした。

 

 

もし進むことができたなら、私の人生は明るくなっていくだろう。

 

自分で未来を創っていくんだ!と、本当に張り切っていました。

 

 

締め切りの日を意識しながら

意識高く、コーヒーを淹れて飲みながら、Macで文章と資料を作成していました。

未来のことを想像し、マスクの下ニヤニヤしながら、散歩してみたりしていました。

 

 

それが・・・・・・・・・・・

 

 

あぁ、どうしてなのでしょう。

 

 

締め切りは、知らぬ間に過ぎていて・・・

あぁ、間抜け・・・・・

馬鹿、馬鹿だ・・・と思ったのです・・・

 

 

 

 

締め切りを守ることなんて、普通にできると思っていました。

 

 

こんなにも、「えっ?!?!?!?!!?!」って

2度3度4度見したのは初めてでした。

 

 

でも、よく考えてみたら

 

普通に学校に行けていなかった

普通に勉強もできていなかった

普通に会話もできていなかった

そういえば友達もいない

 

よく考えてみると、私は普通ではないかもしれない。

普通でありたかったと、思ってしまうの。

それは、生きるのが辛いからよ。

 

 

 

私は発達障害。私の普通は、世間一般の「普通じゃない」だった。

 

 

でもそれは、とても面白いことだと思うのです。

 

生まれつきの障害。それは、普通にはなれないかもしれない。

ならば、普通じゃなくてもできる方法を探せばいい。

 

もし、そのような方法が見つからないんだったら、自分で創ってしまえ。

 

そう思うのです・・・・・

 

 

 

IHでは使えないけど、ガスコンロでは、よく活躍できるみたいな感じでね!

自分に対応した、生き方をすることができたら大丈夫かもしれないよ!

発達障害であることで、生きずらいことあるかもしれないけど、

別に、普通じゃなくてもいいよね!